【速報】米SEC、VanEck版仮想通貨ビットコインETFの最終延期決定|判断期限は来年2月末

ビットコイン
【速報】米SEC、VanEck版仮想通貨ビットコインETFの最終延期決定|判断期限は来年2月末
米SEC、VanEck版仮想通貨ビットコインETFの最終延期が決定
米国証券取引委員会(SEC)は米時間12月6日、VanEck版ビットコインETF(最有力とされている)の申請に対し、判断における最終延期の通知を発表した。

SECによる最終延期

米国証券取引委員会(SEC)は米時間12月6日、VanEck版ビットコインETF(最有力とされている)の申請に対し、判断における最終延期の通知を発表した。

出典:SEC

今回の延期の重要事項を以下の様にハイライトする。

  • 予想されていた12月29日(最終延期決定日)より延期判断が早めに出された。
  • 承認・非承認の最終判断期限は2019年2月27日
  • 延期の理由:SECが審議・判断に十分な時間を設ける点

最有力とされているVanEck社のビットコインETFは今年7月2日からSECにより、レビュー・審議が行われており、以前より「仮想通貨の市場操作」や「未熟な仮想通貨市場」を主な延期する理由として、今回の最終延期を含め、計3回の延期がなされている。

仮想通貨界隈でも信頼されているChervinsky弁護氏は、今回の延期が「予想通り」と言及し、これ以上延期することができないため、最終判断決定日に向けて、機関投資家マネーの流入の一つのきっかけとして、業界全体も改めて重要視すると考えられる。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者7,000名突破。

CoinPostの関連記事

2018-12-01 13:47
2018-11-30 11:09

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *