反転の兆しはどこに…? ビットコイン、イーサやリップルなど仮想通貨のテクニカル分析

ビットコイン ビットコイン現金

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングの動きにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCによって提供されています。

仮想通貨の行く末をめぐって専門家の見方が分かれている。

仮想通貨取引所Quoineの栢森加里矢CEOは、来年末までに最高値を更新すると予想。現在の弱気相場の底も近いと強気な見方を示した。

一方、ワシントン州に拠点を持つブロックチェーン企業Salcido Enterprisesのマラチ・サルシド氏は、「上昇する前にもう少し下がる」と予測底をつけるのは来年の2月だとみている。

最高値からは大幅に下落しているが、大企業からの投資意欲は衰えていない。新たなベンチャー企業も巨額資金調達に成功しており、業界の未来が明るいことを示している。

また最近公表されたレポートの中で、米国のコンサルタント業者A.T. Kearneyが、ビットコインが来年末までに時価総額の3分の2を再び占めるだろうと予想。現在のビットコインのドミナンスは約54%。レポートが正しければ、ビットコインは他の仮想通貨を犠牲にして上昇することになる。投資家は、胡散臭い仮想通貨は避けて、視界良好な仮想通貨を追いかけるべきだろう。

BTC/USD

ビットコインの大きなトレンドは下落傾向にある。過去2日間、ペナント(三角保ち合い)を守る動きが見られるものの、上昇圧力は生まれていない。高いレベルでの買い意欲が欠落しているのだろう。二つの移動平均線は下落傾向にあり、RSI(相対力指数)は売られ過ぎの領域に近づいている。もしペナントを下抜ければ、下落トレンドは再開し、2416.52ドルまで下がるかもしれない。

BTC/USD(引用元:TradingView

BTC/USDが3500〜3000ドルのゾーンで強い買いに支えられると我々は信じている。もし我々の意見に反して、3000ドルを下回れば、2416.52ドルまで下げ止まらないだろう。

トレンド転換の最初のサインは、価格がペナントのレジスタンスラインを上回った水準で推移することだ。20日間EMA(青色)を上抜ければ、5900ドルのレベルまで反発する可能性もある。

今後2、3日は、現在の水準で価格が推移するだろう。その間に、よりはっきりとした展望が見え始めるはずだ。トレーダーは、現在のストップロスを維持するべきだ。

XRP/USD

過去2日間、リップルを直近のサポートである0.33108ドルを上回る水準でサポートする動きが見られたが、力強い反発には至っていない。弱気派の勢いがまだ強いのだろう。

XRP/USD

(引用元:TradingView

0.33108ドルを下回れば、11月25日につけた安値である0.31123ドルまで下がる可能性が出てくる。下降型チャネルのサポートラインは、ちょうどこの水準の下にある。我々は、このゾーンで力強いサポートがあるとみている。もし我々の意見に反して、XRP/USDが下降型チャネルを下抜ければ、0.24508ドルまで下がるかもしれない。

もし下降型チャネルの底が守られて勢いよく反発し、20日間EMA(青色)を突破したら、下降型チャネルの天井である0.52ドルまで上昇する確率が上がる。もし下降型チャネルのそこを割ったら、ロングポジションを閉じても良い。

ETH/USD

イーサリアムは、レンジの底まで下がった。直近のいくつかの安値を下回るようなら、下降トレンドが再開して、次のサポートである83ドルまで下がるかもしれない。

ETH/USD

(引用元:TradingView

もし100ドル付近で買い支えがあれば、ETH/USD は130.5ドルまで上昇するだろう。ここまできたら下落傾向にある20日間EMA(青色)からの手強いレジスタンスに直面するだろう。

もし130.5ドルを超えられれば、167.32ドルまで回復することも期待できる。ただ新たな買い場が見つかるまで、ロングポジションを始めるのは控えた方が良さそうだ。

XLM/USD

二つの移動平均線が下がっており、RSI(相対力指数)も売られ過ぎの水準にある。ステラに黄信号が灯っている。

XLM/USD

(引用元:TradingView

0.184ドルの水準を超えられない状態が続いており、XLM/USDは再び下落した。0.13427050ドルを下回れば、新たな下降トレンドの再開となる。0.08ドルまで下がるかもしれない。

もし0.13427050ドルの水準を守って、2、3日間レンジ内での推移に成功するかもしれない。もし0.184ドルを超えて推移すれば、我々はポジティブになる。

それまでは静観しよう。

BCH/USD

ビットコインキャッシュには、弱気ムードが漂っている。11月25日につけた安値である148.27ドルを下回り、再び下降トレンドが始まった。次のサポートラインは、100ドルを大きく下回る。しかし、RSI(相対力指数)は売られ過ぎの領域にどっぷり入っていることから、反発は100ドルより前に始まるかもしれない。

BCH/USD

(引用元:TradingView

過去2、3日の急落の後、BCH/USDは急反発すると我々は予想する。短期トレーダーはこの機に乗じても良いが、まずは下げ止まりを確認しなければならない。需要が供給を上回るのを待って、新たなポジションを始めるげきだろう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *