大手スウェーデン銀行が仮想通貨リップル(XRP)を利用するリップルネットワークを絶賛

ビットコイン
大手スウェーデン銀行が仮想通貨リップル(XRP)を利用するリップルネットワークを絶賛
スウェーデン大手銀行がリップルの送金ネットワークを絶賛
スウェーデンとアメリカ間の送金を目的にリップルのプラットフォームを利用しているスウェーデンの大手銀行SEBがリップルを通じて「数十億は通っている」と絶賛した。

スウェーデン大手銀行がリップルを絶賛

スウェーデンの主要銀行の一つであるSEB(スカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケンの略称)がスウェーデンとアメリカ間の送金を高速化する為にrリップルの商品を利用しており、リップル社の商品に対するニーズが増えている事を明らかにした。

SEBの送金サービス責任者であるPaula da Silva氏は先月末にオーストラリアで行われたSWIFT社主催の大規模カンファレンス、Sibosで仮想通貨XRPを利用するリップル社の商品を讃えた。

昨年時点ではSEBの顧客の中で1クライアントのみが利用していたとda Silva氏は言うが、現在では全ての顧客企業がスウェーデンからアメリカに送金する際にリップル・ネットワークを利用していると述べた。

Last year there was only one customer on it, now we have ALL SEB customers doing inter-company transfers between Sweden and the US on the #Ripple platform. So we have a couple of billion going through that.

スウェーデンとアメリカ間の取引・送金の為にリップルのプラットフォームを利用しています。

そこでおそらく数十億は通っているので素晴らしいものだと思います。

今後のさらなる動きを検討する為に、我々のIT関係者は次のステップを模索しています。

スウェーデンの首都ストックホルムに本社を置き、スウェーデン、エストニア、ラトビアやリトアニアで主な活動を進めるSEBは2016年11月7日にリップル社と提携を結んだ

初めはリップル社の仮想通貨XRPを介さない商品xCurrentを採用したSEB社のda Silva氏は提携当時、以下のように言及した。

これは新技術のポテンシャルを探りながら、弊社の技術系の企業と協力しながら、顧客に呼応しようとする姿勢を良く表している。

今回のda Silva氏の発言に対し、リップル社のセールズ戦略責任者であるMarcus Treacher氏は欧州の主要銀行の一つであるSEBのリップルのネットワーク利用について以下のようにツイッター上で言及した。

我々はSEBのPaula氏らと共に働ける機会を誇りに思っている。リップルの顧客でありパートナーでもある銀行から素晴らしい結果が出ている。

現在、SEBはxCurrentを利用していると考えられるが、今後xRapid使用を示唆する発言と捉えてよいだろう。

リップル社はここ2ヶ月で約200社近くと提携を結んだ事を発表しており、6日に一回は新しい提携先を見つけていると述べている。

CoinPostの関連記事

2018-11-08 17:50
2018-11-07 16:17

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *