仮想通貨価格分析 長期的な投資に向けた材料はどこに?:ビットコイン、リップル、イーサリアム、ステラ、EOS 

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。 市場が荒れた時に底は形成される。ビットコインが5900ドルの重要なサポートを下回った後、投資家は投資の完全な損失を恐れて保有分を売り出した。仮想通貨の未来を信じてなく、早く儲けたいだけの人にとっては、それは正しいことかもしれない。 しかし、ブロックチェーンと仮想通貨のストーリーを信じている人々にとって、現在の落ち込みは長期的な投資を行う絶好を提供する。底が形成される過程では、見通しは常に悲惨であり、ニュースのすべてがネガティブなものだとみなされる。 このようなニュースの1つは、米司法省がステーブルコインのテザーが2017後半のビットコインの相場操縦に使われていた可能性を調査するというものだ。個人投資家を保護するための規制上の措置は長期的にはポジティブだと思われるが、市場はそのようには考えなかったようだ。 急落の後、否定論者は勝利を宣言し、さらなる急落を予測している。だが強気筋から見れば、長期的には買いの機会になるだろう。市場が恐怖にのみ込まれた時に底を予測するのが困難だ。したがって、買いを試みる前にマーケットが安定化する兆しを見せるのを待つ方が良いだろう。 ソフトウェア会社はドットコム・バブルの後に消えてしまうことはなかった。2007~08年の金融危機の後、世界が終末を迎えたわけではなかった。同様に、この弱気市場もまた一過性のものであり、より強い仮想通貨が上昇し、投資家に利益をもたらすだろう。従って、市場が比較的低リスクの買いの機会を提供できるのを注視していこう BTC/USD ビットコインは11月20日に4368.69ドルまで急落した。過去2日間の下落は、投資家によるパニック売りのような印象を受ける。通常、底が形成されるのは、このような清算の後だ。 2つの移動平均線はともに下落しており、これはネガティブなサインだ。相対力指数(RSI)は売られ過ぎの領域にある。これは売りが課題となっており、反発が起こる可能性があるといえる。 強気筋は、BTC/USDのペアを下降トレントラインまで押し上げようと試みるだろう。これは障害にあたる可能性がある。もし下降トレンドラインを超えることができれば、弱気筋は5450~5700ドルの領域で強い抵抗を示すと予想される。 次の下落は、底についてより良い洞察を与えてくれるだろう。弱気筋が4,368.69ドルまで下落させることになれば、4000ドルまでの下落、さらに3000~3500ドルの重要なサポートゾーンまで下がる可能性がある。 一方、強気筋が4,368.69ドルを首尾よく守ることができれば、そこが底になる可能性が高い。すぐに底を突き止めるのは困難だ。私たちは、後天的にしか底を確認することができないからだ。 XRP/USD 最近の相場急落の中で、リップルは優秀なパフォーマンスを見せた通貨の1つだ。時価総額ランキングではイーサリアムを抜き、第二位の仮想通貨となった。 XRP/USDのペアは現在、トレンドラインと0.40ドルの間でサポートを得ることができている。どちらの移動平均線もフラットなままで、短期的にはレンジ内での値動きをする形とみられる。上昇方向では、0.519ドルと0.565ドルがレジスタンスとして働くだろう。 下落するとなれば、弱気筋が0.40ドルを下抜けさせれば、0.37185ドルまで下がり、さらに0.26913ドルまで下落する可能性がある。リップルについては比較的強気な見方をしているが、トレードを提案する前に新しい買い場が設定されるんを待ちたいと思う。 ETH/USD イーサリアムは11月20日の相場急落でさらに下落し、136ドルのサポートを下回った。相対力指数(RSI)は売られ過ぎの領域にある 現在、強気筋は126.20ドルの水準から反発させようとしている。この動きは167.32ドルで厳しい抵抗に直面する可能性が高い。20日間EMAもまた抵抗線となるだろう。 次の下落が126.20ドルを下回った場合、ETH/USDのペアは110ドルまで下落する可能性がある。トレンドが下がるにつれて、私たちは取引を提案する前に、新しい信頼できる買い場が形成されるのを待ちたい。 XLM/USD ステラは11月19日に上昇チャネルを下抜け、20日にはさらに急落した。しかし、強気筋は0.184ドルの重要なサポートを維持することはできている。 現在の反発の試みは、チャネルのサポートラインが強い抵抗となっている。この抵抗を上抜けた場合、次の抵抗は下降トレンドラインだ。 もし弱気筋がXLM/USDのペアが0.184ドルの重要な支持線を下抜けさせれば、次の支持線は0.13ドル、そこも下回れば、0.009ドルとなるだろう。 EOS/USD EOSは、3.8723ドルの重要な支持線を下抜け、11月20日には3.4703ドルまで下落した。RSIは売られ過ぎの領域にあり、反発の可能性は高い。現在、強気筋は直上の抵抗線である3.8723ドルを超えようとしている。これが成功した場合、反発の動きは4.493ドルまで拡大することができるだろう。4.493ドルも強固な抵抗線になるとみられる。 反発の動きが4.1778ドルで失速すれば、弱気筋は再びEOS/USDのペアを3.8723ドルまで下落させようとするだろう。これに成功した場合、次の支持線である3ドルのラインまで下落幅が拡大する可能性もある。20日間EMAが下落しており、弱気筋が優位な状況んを示している。

Continue Reading

仮想通貨価格分析 さらなる急落の中で見るべきポイントはどこか:ビットコイン、リップル、イーサリアム、ステラ、EOS

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。 仮想通貨市場は再び下降トレンドを再開した。仮想通貨の時価総額全体は1700億ドルを下回り、年初来の低水準となっている。 ボラティリティの高まりと新たな下落トレンドの後、一部のアナリストはビットコインの安値について分析している。市場のセンチメントがネガティブな時、そのような予測は新しい投資家を市場から遠ざけ、弱気筋が売却を促す形になるだろう。 ビットコインの歴史の中で、ピーク時から74%も下落したのは初めてのことなのか?実はそうではない。Pension Partnersのリサーチ責任者であるCharlie Bilello氏によれば、ビットコインがその高値から94%下落し、再び上昇した。また別のケースでは、最高値から85%の下落となった。つまり、ビットコインはこれまでも大幅な急落を経験してきているということだ。ただ今回は、ビットコインは前回の急落時よりも世間の脚光を浴びる形となっている。 マーケットが弱気であったり、パニックとなっている時は、ファンダメンタルズが後退し、マーケットはセンチメントによって動く形となる。このような時は、長期的にみれば投資の機会ともなるだろう。ただパニック時には価格が大幅に下落する可能性があるため、買いを入れるには下落が落ち着くのを待つ必要があるだろう。 買い手を引き付ける安値の水準はどこだろうか。チャートを見てみよう。 BTC/USD 3日間の小休止の後、弱気筋が再び襲い掛かった。ビットコインは5450ドルのサポートを下抜けた。強気筋は5900ドルへ反発させることに失敗しており、どのような反発の動きであっても売り圧力が掛かっていることを示すものだ。 20日間EMAと50日間SMAは下落しており、相対力指数(RSI)は売られ過ぎの領域にある。これは反発の動きがなくとも、売り手が積極的にBTC/USDに売りを入れているようだ。 もし強気筋が5000ドルの心理的に重要なサポートを維持することができなければ、4700ドル、さらに4100ドルまで下落幅は拡大するだろう。しかしRSIは売られ過ぎの領域を示しており、反発の動きはあり得るだろう。反発の強さは、下落の動きが終わったのか、それともさらに続くのかを判断する材料となるだろう。 価格が調整局面にある時、どこでそれが終わるのかを予測するのは困難だ。したがって、私たちは各サポートレベルを注意深く見ることにしたい。現在の下落が終わるのを待ち、新たな買い場が設定されるのを待つべきだろう。それまでは、落下するナイフを掴むのを避けることが最善の道だ。 XRP/USD リップルは直近の安値を上回って取引されており、強さを維持している仮想通貨の1つだ。 移動平均はフラットとなっており、RSIは中心に近い。0.40ドル~0.565ドルのレンジで値動きしている。 上昇トレンドラインと0.40ドルのサポートを下抜けた場合、0.37185ドルまで下落し、さらに0.26913ドルまで下落する可能性もある。逆に強気筋が0.565ドルを上抜けた場合、XRP/USDのペアは0.625ドルまで上昇し、さらに0.76440ドルまで行く可能性がある。現在の相場下落の中でリップルが好調を維持できるかどうかを、投資家は注視していく必要があるだろう。 ETH/USD イーサリアムは9月12日に167.32ドルの日中安値を下回り、1年ぶりの安値をつけている。 167.32ドルを下回れば、ETH/USDのペアは136ドル、もしくは110ドルの次のサポートまで下落する可能性がある。20日間EMAは下落し、RSIは売られ過ぎの領域にある。 しかし、もし強気筋がイーサリアムの下落を抑え、167.32ドルまで価格を引き上げることができれば、20日間EMAまで上昇する可能性がある。当面は現在の下落トレンドが逆転するのを待つべきだろう。 XLM/USD ステラは上昇チャネルを下抜けてしまった。サポートラインを下抜けたままであれば、0.21494424ドル、さらに0.20400799ドルまで下落する可能性がある。 下降トライアングルパターンを上抜けようとすることに強気筋が失敗したことは、弱気のサインだ。弱気筋が重要なサポートである0.184ドルを下抜けさせてしまえば、XLM/USDのペアは下落トレンドを再開することになる。移動平均線はフラットであり、RSIは41であり、レンジが形成される可能性がある。レンジの上限は0.30ドルであるが、下限はまだ確立されていない。0.305ドルを上抜けることができれば、下落トレンドが逆転する可能性はある。 EOS/USD EOSは4.493ドルを超えた状態を維持することができず、4.1778ドルを下抜けてしまった。次のサポートは3.8723ドルで、これを下回れば、EOSは年初来安値を更新してしまうことになるだろう。 20日間EMAは下落傾向にあり、RSIは売られ過ぎの領域にある。これは売り手にとって有利な状況になっていることを示している。3.8723ドルを下回れば、次のサポートは3ドルだ。EOS/USDのペアが、もし移動平均線と下降トレンドラインを上抜けることができれば、最初の強さのサインとなるだろう。トレーダーは、新たな買い場が設定されるのを静観することが必要だろう。

Continue Reading

仮想通貨 価格分析:NEM、リップル、ステラ、ビットコイン、IOTA 先週に良好なパフォーマンスだった5通貨を分析

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。 先週注目を集めたのは、ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークとその対立する勢力同士の醜い論争だった。これが市場心理を損なう結果となった。11月14日に仮想通貨価格が急落した理由がここにあると考える人も多い。この下落は深刻であり、いくつかの仮想通貨では下値支持線を下回って年初来安値を更新する事態を招いた。 ほとんどの仮想通貨に対する需給関係は悪化していて、是正には多くの時間と労力を要するだろう。このため、今回の事態は市場心理に大きなダメージを与えている。この混乱は時価総額トップ5の仮想通貨についても順位の変動をもたらすかもしれない。 ではこの下落を受けて、投資家はこれを買いのチャンスと見なすべきなのだろうか?それとも下落が底を打ってトレンドが反転するのを待ってからロングポジションを開始すべきなのだろうか?これから明らかにしていこう。 XEM/USD 私たちは通常、時価総額が10億ドル以上の仮想通貨を扱う。しかし、今週は例外を認めた。仮想通貨トップ20が巨額の損失を生む中にあって、NEM(ニュー・エコノミー・ムーブメント)が突出していたからだ。この仮想通貨は過去7日以内での下落が最も少なく、時には上向きにも振れる唯一の仮想通貨だった。 日本の仮想通貨取引所コインチェックでは、今年1月26日に5340億ドル相当のNEM(XEM)を盗まれた。コインチェックは先週、その悪名高いハッキング事件以来初めてNEMの取引を再開したため、このデジタル通貨は追い風を受けていた。このニュースによって11月12日および13日にはおよそ35%の反発が起きた。では、そのチャートから何が予想されるだろうか?さらなる反発の余地はあるのか? NEMは現在、今年1月4日に記録した史上最高値である2.14676437ドルの5%程度の価格で取引されている。その急落のせいで週足チャートを分析することは難しいため、私たちの分析では日足チャートを使用している。 8月上旬より、XEM/USDのペアは0.13125258ドル~0.081984ドルのレンジ内で取引されている。移動平均は横ばいで、相対力指数(RSI)はちょうどマイナスの領域に落ち込んだ。これは一定のレンジを上下する動きがあと数日間は続くことを示している。 弱気筋がこのレンジ以下への突破に成功すれば、下降傾向が再び始まるだろう。そのような場合、下落は0.05ドル台まで達しうる。上昇する場合については、強気筋がこのレンジを超える価格を維持したとき、新たな上昇傾向が始まるだろう。トレーダーは0.13125258ドルを上回る価格が維持されるのを待ってから購入したほうがよい。最初のターゲットは0.2ドルへの反発となりうる。 XRP/USD 先日の下落で、アルトコイン界の新たなリーダーが生まれた。リップル(XRP)がイーサリアム(ETH)から時価総額第2位の仮想通貨という地位を奪取したのである。 先週末、CIMBというマレーシアの銀行がリップルと国際送金について提携した。リップルはこの提携により、ASEAN諸国に向けて入ってくる巨額の送金にかかる手数料全体を狙っている。リップルのブラッド・ガーリングハウスCEOも、この仮想通貨が標準的な国際決済処理システムの座をSWIFTから奪い取る可能性が高いと主張している。このニュースは市場参加者から好意的に捉えられ、価格に対するダメージを抑えている。それでは、チャートから予想されるものを見ていこう。 XRP/USDのペアはそれほど大きな値崩れを起こしておらず、良い兆候と言える。これは強気筋が価格の下落で積極的に購入していることを示す。現在はわずかな上昇トレンドラインを維持している。このラインが突破されると価格はレンジの底である0.24508ドルまで下がるだろう。 ラインが維持された場合、このデジタル通貨はレンジの天井である0.76440ドルまで上昇する可能性が高い。この抵抗線を突破すると新たな上昇傾向が始まるかもしれない。ここでの値動きのターゲットは1.28372ドルだ。0.96490ドルという低い方の抵抗線も存在するが、私たちはこれは越えると予想している。 XLM/USD ステラ(XLM)はEOSを追い落とし、時価総額トップ5の仮想通貨の座についた。ビッサムへの上場が市場に歓迎され、日中の損失を取り戻すのにも役立った。もう一つのニュースとして、メッセージアプリメーカーのKik社がkinと呼ばれる自社仮想通貨の開発をイーサリアムからステラに変更した。 XLM/USDのペアはその前週に下降トライアングルパターンを突破しており、それが上昇傾向となっている。しかし、先週の下落によって下降トレンドラインに引き戻された。もし強気筋がこの支持線を維持して値を戻せば、この仮想通貨は勢いをつけて0.305ドルを上回ると私たちは予想する。上方ターゲットは0.36ドルと0.47ドルだ。 しかし、弱気筋が価格をトライアングル内へと押し戻すと、$0.184ドルの重要支持線まで落ちるだろう。この水準が割られるのは好ましくなく、下降傾向の再開を招きかねない。 BTC/USD これまで変動性の低い状態が2か月以上続いていたが、先週になってレンジが下に向けて拡大し、ビットコインは年初来安値を更新するに至った。その際に下降トライアングルパターンを下向きに突破しており、それが下降傾向となっている。その時価総額も1000億ドル未満まで下がり、1年間で最低の水準となっている。数名のアナリストは、ビットコインキャッシュでのハードフォークがこの下落のきっかけになったと指摘。5900ドルの支持線を割ったあと、アナリストたちはこの仮想通貨に対するターゲットを1500ドル程度の低さに設定している。 しかし、ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズの共同創設者であるトム・リー氏はビットコインに対し、いまだ1万5000ドルという高い年末ターゲットを設定している。新しいターゲットは同氏が以前に設定していた2万5000ドルよりは低いものの、なおも現在の価格より約167%高い。だが、チャートからは何が予想されるだろうか? BTC/USDのペアは5900ドルの重要支持線を割り、それ未満の価格を維持している。価格が5900ドル未満で週末を終えた場合、下落は5450ドルの第一支持線に達し、それを下回って5000ドルにまで及びかねない。6832ドル~5900ドルという狭いレンジが崩壊する値動きでのターゲットは4968ドルに達する。このような訳で、私たちは5000ドル付近に強力な支持線を予測する。   私たちの弱気な見解は、買い手が5900~6075ドルのブレイキングゾーンを超える値を付けた場合に否定されるだろう。BTCがそのゾーンより上で持ちこたえる場合、低い水準での大規模な買いが示唆されるはずだ。強気筋が6832ドルよりも上げると、傾向が変化するだろう。そのような場合には、反発によって価格が8400ドルまで押し上げられ、それを上回って1万ドルに及ぶと私たちは予測する。ボトム・フィッシングは、とりわけ価格が年初来安値付近で揺れ動いている際にはリスクの高い戦略であり、避けるべきだろう。 IOTA/USD 今週起きた修羅場はあまりにも悲惨で、価格が2桁分下落している仮想通貨でさえもパフォーマンスの面でトップ5に入っているほどである。IOTA財団はつい先日、マイクロソフトおよびTOTALの元従業員であるピエール・ホフマン氏をビジネス開発者として雇用すると発表した。同財団はホフマン氏の経験により、ヨーロッパ市場における地位の強化を期待している。同じ週には、電子機器大手のボッシュとIOTAが「モノのインターネット化」(IoT)向けのデータ収集製品を発売するために提携を結んだとも発表している。 4週間にわたって一定の値幅を上下し続けたあと、IOTA/USDのペアは下落し、0.3501ドルの値をつけて52週ぶりに安値を更新した。しかし、低い水準では多少の買いも見られ、価格を支持線の0.4037ドルよりも上に押し上げた。強気筋がこの支持線を維持した場合、このデジタル通貨は0.50ドルまで値を上げ、それを超えて0.61ドルまで達しようとするかもしれない。私たちはトレンドの反転が示された場合のみ、何らかの新たなポジションを取るべきだと考えている。 下降する場合について、弱気筋が最近の安値である0.3501ドルまで価格を落としたならば、0.32ドルまで下落する可能性が高い。この支持線を下回ると、下落は0.1767ドル~0.1427ドルに達しかねない。

Continue Reading

仮想通貨急落後の戦略は? 仮想通貨チャート分析:ビットコイン、リップル、イーサリアム、ステラ、EOS

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。 11月14日、ビットコインは18年で3番目に大きな下落となり、年初来安値を更新した。この動きの中で、年間を通じ保持されていた5900ドルの重要なサポートが破られた。この下抜け前、ビットコインはここ数年見られなかった低ボラティリティ期間に突入していた。 我々は、仮想通貨の狭いレンジは上昇方向に解消されると予想し、強気になっていた。しかしこの下落によってテクニカルの情勢は弱まっており、予想が間違っていたと証明された。この新たな状況下で戦略を見直す必要がある。 興味深いことに、すべての仮想通貨がビットコインに従い年初来安値を更新したわけではない。いくつかの通貨は非常によく耐え抜いている。リップルはイーサリアムを追い越し、時価総額でみて第2位の仮想通貨になった。このように、こうした大混乱の中にも多少は明るい出来事があるのだ。 ビットコインキャッシュは大きな問題もなくフォークを終えた。しかしまだ初期段階なので、今回はどちらのコインの分析も割愛した。 この直近の下落以降、トレーダーは市場にどのようなアプローチをすべきか?身を引いて待つべき時なのか、あるいは一部の仮想通貨には買いのチャンスがあるのか?チャートを研究し読み解いてみよう。 BTC/USD ビットコインは11月14日に5900ドルのサポートを下回り、日中安値は5737.02ドルに達した。この日の(UTCでの)終値は5932.75ドルで、これは安値付近で買いがあったことを示している。しかし売り方は翌日も売りを継続し、価格は5450ドルのサポートの真下である5430.02ドルまで落ち込んだ。安値水準では再びいくらかの買いがみられ、損失は回復し終値は5747.05ドルとなった。 直近2日における日中安値からの戻しは、安値水準で買いが集まっていることを示している。このため、今後4~5日中に下抜け水準の5900ドルを再度試すと示唆される。 5900ドル水準でのBTC/USDペアの動向によって、何を予想すべきかに関するより深い知見が得られるだろう。容易に上抜けし5900ドル超えが維持されれば、現在の下落は上昇に向けて握力の弱い買い方をすべて排除するためのダマシだということになる。 一方、売り方が5900~6075ドルの水準を守り抜きそこから反落すれば、高値で捕まったロングポジションの売却と今後の下落を予想するトレーダーによる売りの開始が示唆されるだろう。 一方、売り方が5900~6075ドルの水準を守り抜きそこから反落すれば、高値で捕まったロングポジションの売却と今後の下落を予想するトレーダーによる売りの開始が示唆されるだろう。 トレーダーはどうするべきなのか? 年初来安値更新は低迷を示しているので、底が確認されるまでロングポジションを持ち始めるべきではない。RSIは極度に売られ過ぎの領域にあり、いつ急激な戻しがあってもおかしくないので、ショートポジションも推奨できない。こうした不透明さのため、数日間は休んで待つのが最善だ。 価格が5900ドルに達し、その上で維持されれば、我々はもう一度買いを試みるかもしれない。6832ドルを上回れば、新たな上昇トレンドの開始が確定するだろう。それまでは再度反落する恐れがある。 アナリストはぞっとするような様々な安値水準について言及するだろう。ノイズに流されることなく、一歩ずつ着実に進み適切な行動を取ろう。 XRP/USD リップルはかなり強く、年初来安値を大きく上回っている。実際、この大混乱の中で最初の主要なサポートである0.37185ドルへすら下落してなく、その強さを示している。 XRP/USDペアは現在、移動平均線のレジスタンスに直面している。これを超えれば、下降トレンドラインが次のレジスタンスだ。この領域では売り方からの強い抵抗を受けると思われる。 下降トレンドラインを超えれば、0.565ドル、そしてその上の0.625ドルへ上昇するかもしれない。横ばいの移動平均線と中央値に近いRSIは、目先のレンジ形成を示唆している。 下降局面については、上昇トレンドラインと0.37185ドルを下抜ければ売りを呼び込み、0.24508ドルへ下落する可能性がある。 ETH/USD 買い方は、9月12日に記録した年初来安値の167.32ドルより上を保とうとしている。11月15日には、171.36ドルの安値まで下落したところで買いが現れた。 167.32ドルが破られれば下降トレンドが再開し、ETH/USDペアは136ドルと110ドルの安値水準へ急落するだろう。20日間EMAは下向き始めておりRSIは売られすぎの水準に近い。これは短期的には売り方がしっかりと支配権を握っていることを示している。 しかし、このサポートから反騰し188.35ドル超えが維持されれば、値固めの可能性が高まる。249.93ドル超えが維持されれば、新たな上昇トレンドの最初の兆候が現れるだろう。 XLM/USD ステラは上昇チャネル内での取引が続いている。しかし11月15日に記録した0.21494424ドルの日中安値により、我々が推奨していた0.22ドルのストップロスが発動した。ここ2日間、買い方は急落時に積極的に買いを入れている。これはポジティブなサインであり、安値を活かして買い方がポジションを増やしていることを示している。 現在、移動平均線は横ばいでRSIは50に近い。これは短期的な値固めを示している。このチャネルのサポートラインが維持されれば、XLM/USDペアはチャネル上端まで上昇する可能性が高い。ロングポジションを提案する前に新たな買い場の形成を待とう。 EOS/USD EOSは11月15日に4.493ドルのサポートを下回ったが、安値水準で買いが入り、サポートの上に価格が戻った。売り方は現在、このサポートを再度破り次のサポート圏である4.1778~3.8723ドルまで価格を下げようとしている。 右肩下がりの20日間EMAとネガティブな領域にあるRSIは、売り方優勢を示している。3.8723ドル割れへの下落で下降トレンドが再開するだろう。 買い方が4.1778~3.8723ドルのサポート圏を守り抜くことに成功すれば、EOS/USDペアは引き続きレンジ内に留まるだろう。楽観的になる前に、価格が安定し反転の兆しが見えるのを待とう。

Continue Reading

仮想通貨価格分析:好パフォーマンスだったビットコインキャッシュやステラ、モネロ、EOS、リップルの5通貨を分析

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。 ビットコイン(BTC)は10月31日に10周年を迎えたが、それを祝う形の相場とはならなかった。BTCの取引は依然として狭いレンジで続いており、BitMEXのアーサー・ヘイズCEOは現在の低ボラティリティの状態がさらに12ヶ月から18ヶ月の間続き、ビットコインの価格が2000ドル~3000ドルの範囲に引き下げる可能性があると考えている。 しかし、私たちは異なる見方をしている。私たちはボラティリティが長期間にわたって抑制されるとは考えていない。今後数週間以内に、上昇もしくか下落にしても新しいトレンドが始まり、大きいレンジを得るだろう。 BCH/USD 今週、ビットコインキャッシュが1週間で9%の上昇を見せた。先週木曜まで、BCHはほかの仮想通貨と同様に低迷していた。しかし、仮想通貨取引所のバイナンスが金曜日、11月15日に実施するハードフォークをサポートすると発表したことで、価格が急騰した。今回の反発は継続した上昇となるのか?確認してみよう。 BCH/USDの長期的なトレンドは明らかに低下している。今年を通じて、サポートを維持することができず、継続的に安値を更新形となっていた。過去7週間で強気筋は408.32ドルの高値を付けたが、価格を引き上げることができなかった。これは、より高いレベルでの需要の欠如を示している。 現在の反発は、591.41~660.0753ドルの範囲で強いレジスタンスに直面するだろう。価格がこのゾーンを上抜けることができれば、891.4634ドルに上昇し、その後1200ドルまで上昇する可能性がある。 下落するとなれば、408.32ドルが重要なサポートであり、ここを下抜けてしまえば282ドルまで下落幅が拡大する可能性がある。BCHが狭いレンジに留まる期間が長くなるほど、次の動きはより急激なものになる。これまでも垂直的な動きを見せてきた歴史がある。したがって、トレーダーは信頼できる買い場が設定されれば、買うことができる。 XLM/USD 米仮想通貨取引所コインベースに最近BATが上場した。ステラは次の上場候補となるだろうか? 多くの人は、XLMがコインベースに上場されるために必要な資格を持っているとみている。もしそれが起これば、上昇の動きが見れるかもしれない。 XLM/USDは、0.184ドル以下に下抜けて(UTCで)終値を付ければ、大きな下降トライアングルを形成することになる。現在、強気筋はトライアングルの下降トレンドラインから抜け出そうとしている。これができれば、弱気パターンは覆ることになるだろう。 ステラが過去5週間で0.2ドルを上回った状態が続いていたことは良いサインだとみている。これは一定の安値になると、XLMへの需要があることを示している。強気筋が下降トレンドラインを上抜けることに成功すれば、0.36ドルへ上昇し、さらに0.47ドルえの上昇が見込まれる。トレーダーは、買いを入れる前に0.30ドルを超えて、それが維持されるのを待つべきだろう。トレンドラインの上抜けが急激だった場合、0.184ドルに急落する可能性があるからだ。 注目通貨* – ARK/USD ARKは現在時価総額で71位にランクされている。これはWordPressに似たフルプラグインの機能を備えた、新しいコアコードベースをリリースする予定だ。 誰でもARKを利用して、完全にカスタマイズ可能なクロスチェーン互換のブロックチェーンを作成することができる。固定価格からカスタマイズ可能な料金体系に切り替えることで、DPOSに対応することもできる。定期的に追加される多数の新機能やパートナーシップがあり、その詳細はブログで確認できる。 他の仮想通貨と同様、ARK/USDは2018年はじめに最高値を付けた後、大幅な下落トレンドにある。強気筋は2ドル前後への下落を抑え込もうとしたが、6月はじめに弱気筋は2ドルのサポートを破り、さらに急激に落ち込んだ。 ARKは8月中旬に0.50712042ドルで底を打った。それ以来、価格は徐々に上昇しており、これはポジティブなサインだ。上昇するとなると、1.02093420ドルが強いレジスタンスとなるかもしれない。強気筋がこの水準を超えることができれば、1.68ドル~2ドルの直上のレジンタンス・ゾーンへの上昇が起こり、勢いを取り戻すだろう。 下落するとなると、弱気筋が0.50712042ドルを下抜けさせてしまえば、0.40ドル、0.30ドルへの下落する可能性がある。 XMR/USD モネロは過去7日間で1%超上昇し、時価総額が10億ドルを超える、好パフォーマンスをしめす仮想通貨で第三位となっている。 7月上旬から、XMR/USDは81ドル~150ドルのレンジで取引されている。過去7週間、このレンジは100.453ドル~128.65ドルに縮小している。先週から、レンジはさらに狭まっている。レンジ内での取引がより狭く、長くなれば、レンジを抜けた時の動きもより強いものになるだろう。 しかしながら、最初の動きはしばしば誤った動きだ。したがって、トレーダーはレンジ上抜けの動きが持続するのを待った上で、買いを入れるべきだろう。150ドルを越えれば、300ドルまでは大きなレジスタンスは存在しない。 逆に、100.453ドルを下回ると、81ドルまで下落する可能性がある。81ドルは強力なサポートであり、こおこは1年以上にわたり価格をサポートしてきた。従って、このサポートが破られれば、モネロは52~58ドルまで急速に調整されることになるだろう。 EOS/USD EOSは中国の第6回仮想通貨格付け(正式名称はグローバルパブリックチェーン技術アセスメントインデックス)で、再び第一を獲得した。一方、Consensys社、格付け企業Whiteblockによる調査では、EOSは「ブロックチェーンまたはピアツーピアネットワークの基本コンポーネント」がなく、「集中クラウドコンピューティングアーキテクチャと基本的に同じだ」と結論づけられている。 EOS/USDは、8月から4.493ドル~6.8299ドルのレンジ内で取引されている。過去5週間、そのレンジはより狭まっている。これは強気筋と弱気筋の力が拮抗していることを示すものだ。現在、どちらの側も大きな動きを見せてなく、ほかのトレーダーたちは静観している状況だ。 もし価格が狭いレンジから上抜ければ、6.8299ドルまで上昇する可能性がある。ここを上回れば、9.4456ドルと15ドルまで引き上げる動きが再開し、買いが期待できるだろう。しかし、価格がレンジを下抜けた場合、マイナーサポートである4.49ドルまで下落する可能性がある。3.8723ドルが重要なサポートとなるが、ここを下抜けるようなことになれば、2.40ドルや1.70ドルまで下落する可能性がある。 XRP/USD リップルは、クロスボーダー決済を目的とし、様々な機関やプラットフォームとの連携を進めている。中東地域は域内外への送金受容が高く、リップルにとって有益なマーケットだ。リップルは既にサウジアラビア、クウェート、バーレーン、オマーンのいくつかの銀行と提携しており、リップルは年末までにドバイにオフィスを開設する予定だという。ではチャートの動きはどうだろうか。 XRP/USDは9月中旬に急上昇した。しかし強気筋はその勢いを維持することができず、反落の動きは78.6%のリトレースメントレベルにまで広がった。通常、このような動きの後は、数週間にわたってレンジ内に留まる形になる。過去2週間、20週間EMAがレジスタンスとなっている。強気筋が0.475ドル~0.5ドルのレジスタンスゾーンを上抜ければ、0.62ドル~0.7644ドルへの上昇が考えられる。新たな上昇トレンドは、0.7644ドルを上抜けた時に始まるとみている。 弱気筋が0.37185ドルを下抜けさせれば、XRPは100%のリトレースメントを完了し、0.24508ドルの重要なサポートまで下落するだろう。 *免責事項 : ARKはコインテレグラフのスポンサー記事として注目通貨で取り上げた。この項目は価格分析に含まれるものではない。

Continue Reading

仮想通貨価格分析:ステラ、リップル、NEO、カルダノ、EOSの5銘柄の今後の動きは?

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。 10月15日、一部の市場参加者はステーブルコインのテザーを手放した。これはテザーが信用危機の噂に直面したためだ。トレーダーらによる売却でテザーは一時的に米ドルとのペッグを失った。ほかの仮想通貨は価格が上昇し、仮想通貨市場全体の時価総額が一時的に2200億ドルまで上昇した。 しかし、一時的な乱高下の後、ほとんどの仮想通貨の値動きはより低い水準で安定している状況だ。 時価総額上位の仮想通貨の大半はレンジ内で取引されている状況だ。いくつかの仮想通貨は底を脱した兆しがみられる。ここでは時価総額100億ドル以上の上位5つの仮想通貨について取り上げる。これらの通貨は、過去1週間で上昇の動きが顕著だったものだ。 XLM/USD ステラは過去7日間で約15%上昇した。仮想通貨市場全体では動きが鈍い中で、ステラはいくつか上昇につながるイベントがあった。 多国籍金融企業のフィデリティが立ち上げた機関投資家向けの新しいプラットフォームは、デジタル資産のやり取りにXLMブロックチェーンを利用するという噂が流れた。 仮想通貨取引所のCoinsuperにXLMが上場したのも、投資家から好意的に受け止められたようだ。またカナダのグローバル・ブロックチェーン・テクノロジーズ社の子会社で仮想通貨取引所のHyperionと、ステラが提携したニュースも、前向きなニュースだった。 ステラはその勢いを維持することができるだろうか。それとも直上のレジスタンスに近づいているのだろうか。チャートを確認してみよう。 XLM/USDのペアは今年の第一週に0.98239146ドルの高値を付け、それ以来下落傾向にある。現在、下降トライアングルの内部で取引が行われている。下降トライアングルは、サポートを下抜けて(UTCで)終値を付けると完成する。 しかし、下落局面について、弱気筋は今年に入って0.184ドルを下抜けた状態を維持できていない。ステラはこの重要なサポートから過去3回、反発の動きを見せている。弱気筋がこのサポートを下抜けさえることに失敗し続けていることは、ポジティブなサインだ。これは、価格がこの水準に近づけば、強さを取り戻すことを示している。 強気筋がより高い価格水準で買いを入れ、下降トライアングルの下降トレンドラインを上抜けさせることができれば、現在の弱気パターンは覆ることになるだろう。 したがって、トライアングルを上抜けて(UTCで)終値を付ければ、さらなる買いを引き付け、新しい上昇トレンドが始まることになるだろう。そうなれば、XLMは0.47ドルに上昇し、そこを上抜ければ0.63ドルへの上昇も見えてくる。 逆に、弱気筋が0.184ドルを下抜けれさせてしまえば、私たちの強気の見立ては否定されてしまうだろう。 XRP/USD リップルも今週は2桁台の上昇を見せた仮想通貨の1つだ。リップルは今月に入って複数の前向きなニュースがあった。リップルのチームマーケットストラテジストのコリー・ジョンソン氏は、米国政府がXRPを推進するのに関心があるかもしれないとの考えを示した。ビットコインのマイニングにおける中国の支配的地位に対抗する意図があるというのが、その理由だ。 また10月17日には、ビル&メリンダ・ゲイツ財団がリップルラボとデジタル決済を手掛けるコイル社との提携を発表した。 リップルは先週、価格上昇につながるいくつかの前向きなニュースで勢いを得た形だ。では、この動きは今後も続くだろうか? XRP/USDのペアは2018年全体で下落トレンドにある。いくつかのサポートを守ることに失敗しており、一定の間隔で安値を更新している。 現在、20週間EMAと50週間SMAの両方を下回る形で取引されているが、0.37185ドル付近でより高い水準での安値を形成しようとしている。前回の安値は0.25300ドルだった。もし強気筋が価格を0.76440ドル以上に押し上げることができれば、新たな上昇トレンドの始まりを示すことになるだろう。上昇時にターゲットとなるのは、0.96ドルと1.22ドルだ。 逆に、リップルが0.25ドルを割る展開になると、新たな安値が形成されるだろう。トレーダーは、ロングポジションを開始するまえに、買いが入るのを待つべきだろう。 NEO/USD NEOはメインネットがローンチにして2周年を迎えた。過去7日間で価格は5%上昇し、市場も2周年を祝った形となった。 NEO/USDのペアは、年初来の安値である13.60337627ドル近辺で取引されおり、弱気のように見える。8月はじめ以来、目に見えた反発の動きはなく、買いを集めることができていない。現在のサポートを下抜ければ、非常にネガティブな動きとなるだろう。次のサポートである6.47815308ドルまで急落する懸念もある。 上昇するとなれば、20週間EMAがNEOにとって厳しいレジスタンとなるだろう。20週間EMAは水平的なレジスタンスである28.49944165ドル近辺にある。この水準を上抜けることができれば、43ドルまで上昇するだろう。43ドルを超えれば、60ドルまで上昇するだろう。60ドル近辺では50週間SMAがレジスタンスとなる。このレジスタンスも上抜けば、100ドルへの上昇も見えてくる。 トレーダーは、新たなポジションを取る前に、適切な買い場が整うのを待つべきだろう。 ADA/USD IOHKは、同社のイカロス・プロジェクトが第三者機関であるKudelski Securityによってセキュリティー監査を受けたと発表した。これは、カルダノのウォレットが安全であることを示すものだと言われている。 カルダノは過去7日間で約5%上昇しておおり、カルダノ内部の内輪揉めの懸念を打ち消したようだ。カルダノの価格上昇へ反転するのだろうか。チャートを見てみよう。 現在の水準で、ADA/USDのペアは、最高値から約94%下落している。約1ヶ月半の間、カルダノは$0.060105~0.094256ドルの狭いレンジ内で取引されている。このレンジを上抜けることが出来れば、買いを引き付け、20週間EMAに向けて価格が上昇し、その後0.2ドルまで上昇する可能性もある。 一方、レンジを下抜けることになれば、0.033677ドルまで下落する可能性が出てくる。従って、トレーダーは新しい買い場が整うまで待つべきだろう。 EOS/USD ハッカーたちは、ギャンブル用の分散型アプリ(Dapp)であるEOSBetのウォレットから65,000EOSを盗み出した。これは過去2か月間で2回目の攻撃だ。トレーダーはこのニュースに型をすくめているが、過去7日間でEOSは3%上昇している。 EOS/USDのペアは、4.4930~6.8299ドルのレンジで2か月以上取引されている。ポジティブな材料は、強気筋が価格が3.8723ドルの重要なサポートまで下落することを防いでいる点だ。強気筋は4.4930ドルで、より高い底値を形成しようと試みている。 しかし強気筋は直上のレジスタンスを上抜けることができなかった。価格が上がると利益確定の動きがあるようだ。 20週間EMAと水平レジスタンスの両方とも、6.8299ドルの水準にある。ここを超えることができるかどうかが、上昇において重要となる。このレベルを超えることができれば、EOSは9.4456ドルまで上昇し、さらに15ドルまで上昇することができるだろう。 一方、弱気筋が3.8723ドルを下抜けさせた場合、EOSは2.4ドルまで落ち込み、さらに1.7ドルまで下落する可能性がある。トレーダーは買いを入れるまえに、直上のレジスタンスを上抜けるまで待つべきだろう。

Continue Reading

仮想通貨最新チャート分析:ビットコイン、イーサリアム、リップルなど…買いのチャンスのある通貨は?

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。 仮想通貨市場は10月15日の利益のほとんどを諦めているが、最近の安値は遥かに上回っている。これはポジティブなサインだと言える。ニュースへの俊敏な反応は、市場をあるレべルまで押し上げることが出来るだろう。その後はファンダメンタルズが引き継ぐことになるだろう。上昇への次の動きは、大きなファンダメンタルのニュースに基づくものになるだろう。 仮想通貨市場は、機関投資家の参入によって更なる上のレベルに引き上げられるのを待っている。ギャラクシー・インベストメント・パートナーズ創設者のマイク・ノボグラッツ(Michael Novogratz)CEOは、より大きいプレイヤーが来年の第1四半期もしくは第2四半期に市場に参入し、それが新たな高値に押し上げる可能性があると考えている。 米投資会社フィデリティはフィデリティ・デジタル・アセット・サービスを立ち上げた。これは機関投資家にビットコインやイーサリアムおよび他のデジタル資産のために「セキュアでコンプライアンスの高い、機関投資家レベルの複数の保管ソリューション」を提供する。 しかし、規模の大きいプレイヤーは本格的に参入する前に下調べをする事になるだろう。そしてこれには時間が掛かる。それまでの間、買いを入れておく価値はあるのか?それとも更に下落するリスクがあるのか?主要な仮想通貨について、信頼できる買い場が整っているのか?チャートで探ってみよう。 BTC/USD 10月15日の上昇の後、ビットコインは直上のレジスタンスである6,831.99ドルをわずかに下回っている。理想的には、弱気のパターンを覆した後、価格が上昇するはずだったが、それはまだ起こっていない。 今、もし強気筋がレジスタンスを迅速にスケールすることができなければ、それは弱気筋による売りを誘うことにあるだろう。移動平均線を下回れば、6,075.04~5,900ドルの重要なサポートゾーンを再びテストすることになるだろう。 ビットコイン/米ドル(BTC/USD)のペアは下降トライアングルの下降トレンドラインを上抜けたが、勢いを取り戻していない。移動平均線はフラットなままで、強気筋と弱気筋が拮抗していることを示している。 ビットコインが6,831.99ドルを上回る状態を維持できれば、バランスは強気筋に有利なものになるだろう。上向きでの目標は7,400ドルと8,400ドルだ。ロングポジションを保持しているトレーダーは、5,900ドルのストップロスを維持できるだろう。 今後の数日間は重要な局面になるだろう。ビットコインの次の方向性について洞察を得ることができるだろうからだ。 ETH/USD イーサリアムは調整局面が続いているが、弱気筋はレンジの下半分に押し下げようとしている。イーサリアムは2つの移動平均線の下で取引されており、相対力指数(RSI)はネガティブの領域にある。 もし強気筋が今後数日間、移動平均線を上回ることに失敗した場合、イーサリアム/米ドル(ETH/USD)のペアは192.50ドルのサポートをテストすることになるだろう。そこを下回れば、9月12日の安値である167.32ドルまで下落することが予想される。 逆に、直上のレジスタンスを上回る上昇は相場の強さを示す。次のレジスタンスである322.57ドルまで価格を上昇させるだろう。従って、トレーダーはロングポジションを開始する前に249.93ドルを上回り、(UTCで)終値を付けるのを待つべきだ。 XRP/USD 時価総額トップ10の仮想通貨の中で、リップルは10月15日の高値を上回った唯一の仮想通貨だ。また2つの移動平均線を上回っており、これはポジティブなサインだ。 リップル/米ドル(XRP/USD)のペアは、0.50ドルまで上昇しそうだ。0.50ドル近辺には何らかのレジスタンスに直面するかもしれない。このレベルを上回れば、0.55ドルや0.625ドルへの上昇が見込まれる。 もしリップルが0.50ドルから反落すれば、50日間SMAまで下落する可能性がある。この50日間SMAがサポートとして機能するはずだ。2つの移動平均線はフラットで、RSIは中心の近くだ。これは短期的に調整局面に入ることを指すものだ。 BCH/USD ビットコインキャッシュは、対称トライアングルの内部で取引される状況続いている。 ビットコインキャッシュ/米ドル(BCH/USD)のペアは移動平均線を下回って取引されており、20日間EMAは下落している。RSIはネガティブの領域にある。これは弱気筋が主導権を握っていること示す。 トライアングルを下抜ければ、下落トレンドが再開するだろう。9月11日の安値である408.0182ドルがマイナーサポートとなるだろう。トライアングルを上抜ければ、ビットコインキャッシュは勢いを得ることになるだろう。トレーダーは、現在のロングポジションのストップロスを400ドルでキープできるだろう。 EOS/USD EOSは現在、6.8299~4.4930ドルのレンジの中間付近で取引されている。2つの移動平均線はフラットで、RSIも中間の地点にある。これは強気筋と弱気筋のバランスが拮抗していることを示す。 新しい上昇トレンドは、直上のレジスタンスである6.8299ドルを上抜け、終値を付ければスタートするだろう。この上昇の動きは、EOS/USDのペアを9ドル以上に押し上げると思われる。 逆に、弱気筋が5ドルのサポートを下抜けさせれば、4.49ドルや3.8723ドルまで価格が下落する可能性が出てくる。従って、トレーダーは自らのロングポジションの4.9ドルのストップロスを維持するべきだろう。 XLM/USD ステラは移動平均線を上回って取引されている。これは強気のサインだ。現在、下降トレンドラインと直上のレジスタンスである0.24987525ドルを上抜けようと試みている。 これが成功した場合、弱気の下降トライアングルのパターンを覆し、0.36ドルまで上昇するだろう。その際には0.30ドルがマイナーレジスタンスになると見られる。トレーダーは0.27ドルを越えて(UTCで)終値を付ければ、ステラ/米ドル(XLM/USD)のペアでロングポジションを開始することが出来る。 下落するとなれば、移動平均線がサポートとなるだろう。そこを下回れば、0.204~0.2148ドルの領域がサポートになるだろう。この領域を下抜けた場合、重要なサポートである0.184ドルをテストすることになるだろう。 LTC/USD 10月15日の上昇の後、ライトコインは再びレンジの下半分にまで落ちた。2つの移動平均線はフラットで、RSIはネガティブの領域にある。 もしライトコイン/米ドル(LTC/USD)のペアが今後数日間、移動平均線を下回れば、弱気筋はレンジを下抜けさせようと試みるだろう。47ドルを下抜ければ、下落トレンドが再開し、40ドルのサポートまで価格が下がることになるだろう。 もし強気筋が69.279ドルを越え、それを維持できれば、ライトコインは逆転のパターンを形成するだろう。価格がレンジ内に留まっている限り、取引の機会を見出すことはできないだろう。 ADA/USD カルダノは移動平均線を上回るのに苦戦している。現在、20日間EMAと0.073531ドルの間で取引されている。 2つの移動平均線はフラットであり、RSIは50のレベル近辺にある。弱気筋が10月15日の日中安値を下抜けさせれば、エイダコイン/米ドル(ADA/USD)のペアは0.060105ドルの安値を再テストすることになるだろう。 もし0.094256ドルの直上のレジスタンスを上抜ければ、強さを得るサインになり、新しい買い場が整うまで静観するべきだろう。 XMR/USD モネロは2つの移動平均線を下回っている。モネロは107.80ドルを越えた状態を維持しようとしている。107.80ドルを下回れば、再び100ドルまで下落するだろう。 移動平均線を上待った状態を維持できなければ、弱さのサインだ。弱気筋が100ドル以下に下落させれば、81ドルを再テストすることになるだろう。 モネロ/米ドル(XMR/USD)のペアが128.65ドルを超えれば、強さを得るだろう。現在、私たちは買い場を見つけることができないため、いかなる取引も提案しない。 TRX/USD 10月15日に直上のレジスタンスを上抜けた状態を維持するのに失敗した後、トロンはレンジ内に戻ってしまった。強気筋は移動平均線を超えた状態を維持しようとしている。これを下抜ければ、トロンはレンジの底まで下落する可能性がある。 トロン/米ドル(TRX/USD)のペアが0.02815521~0.0183ドルのレンジの中にある限り、買い場を見つけることはできない。その次の動きは、レンジを上抜けるか下抜けるかすると始まるだろう。 過去2回、レンジを上抜けた状態を維持することができなかった。したがって、トレーダーはロングポジションを開始する前に、レンジを越えて(UTCで)終値を付けるのを待つ必要がある。

Continue Reading

主要仮想通貨5銘柄の価格分析:トロン、ビットコイン、ライトコイン、EOS、カルダノの今後の値動きは?

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。 10月11日、世界的なリスクオフの流れによる株式市場急落の余波を受け、仮想通貨の時価総額は9月20日以来、2000億ドルを下回った。しかし、前向きな兆候としては、売りが短命であり、多くの仮想通貨で反発の動きがみられることだ。 来週の仮想通貨の動きは重要なものになるだろう。主要なサポートを下抜けることになるのか、それとも直上のレジスタンスを上抜けていくのか。今後の動きの洞察を得ることができるだろう。安値が更新されるようなことになれば、進行中の弱気市場がさらに進むことになるだろう。逆に、強気筋が価格を押し上げることができれば、底を打ったサインとなり、買いを惹きつけることになるかもしれない。 主要な仮想通貨5銘柄について、中期的な見通しを示してみよう。 TRX/USD 時価総額が10億ドルを超える仮想通貨のうち、過去7日間で価格を上げたのはトロンだけだ。弱気相場の中で、2つの大きなニュースがトロンに価格を支えたようだ。 最初のニュースは、トロンのジャスティン・サンCEOの10月8日のツイートだ。今後のアップデートにより、「トロンはETHに対して200倍速く、EOSに対して100倍安くなる」と語った。 2つ目のニュースは、サン氏の10月12日のツイート。「ついに時価総額数百億ドルの業界大手と提携を結ぶ瞬間が到来する」と、企業名は明かさなかったが、業界大手との提携を示唆した。 こういったニュースが価格を上昇させたわけだが、ではトレーダーは買うべきなのだろうか?チャートの動きを見てみよう。 のペアは、1月5日に0.35013935ドルを付けた。現在の価格は、最高値から約93%の下落だ。8月14日以降、下落の動きは止まり、レンジを形成しようとしている。このような動きは、トロンの保有者がトロンを売り急いでないことを示している。さらに、投資家は0.0183ドル近辺まで下落すると買いを入れている。 The TRX/USD pair topped out at $0.35013935 on January 05. At the current levels, the price is down about 93 percent from the highs. Since August 14, it has stopped falling and is trying to form a range. Such a consolidation shows that the owners […]

Continue Reading

仮想通貨チャート分析 10月5日:ビットコイン、イーサリアム、リップルなど主要通貨10種類の価格はどうなる?

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。 2017年はレンジの大きな年だったといえるだろう。仮想通貨は過去最高水準のリターンを生み出した。2018年は弱気市場、そしてボラティリティの低下の年といえるだろう。ビットコインのボラティリティは年初来の最低水準にあり、ほとんどのアルトコインもそれに従っている。投機的なトレーダーはフラットなマーケットを軽視しているが、長期的な投資家にとっては今は良い時期ともいえる。 低ボラティリティの小規模なトレーディングの期間を経て、レンジの拡大とボラティリティの拡大が続くことになるだろう。しかし、現在の水準から上昇するには、その途上で数多くにハードルに直面することになるとみられる。ビットコインの価格が新たな上昇トレンドを始めれば、より高い価格で購入した多くの個人投資家が救われることになるだろう。ただ仮想通貨企業のギャラクシー・デジタル・キャピタルのマイク・ノボグラッツCEOは、2018年末までにビットコインが9000ドル以上まで上昇することはないとみている。 では、ビットコインの価格は底を付けたのか? ファンドストラットの名物アナリスト、トム・リー氏は、機関投資家やツイッターのユーザーにその答えを求めた。その調査結果はなかなか興味深い。ウォールストリートの25の機関投資家の多くは、ビットコインの価格が底を打ったと信じているのに対し、ツイッターで回答した9500人の大半は、まだまだ下がる可能性が高いとみていた。 どちらの方向に動くのか、その兆候はどこか。チャートを見てみよう。 BTC/USD 弱気筋はトレンドラインを下抜けたが、そこを利用することができなかった。ビットコインはその後、値を戻し、20日間EMA付近にある。上昇方向で見るべき重要なレベルは、下降トライアングルの下降トレンドラインと、6832ドルだ。強気筋がこの2つのレベルを超えることができれば、弱気パターンを覆すことになるだろう。 上昇時において注目するべきレベルは、9月4日の日中高値である7413.46ドルだ。このレベルを超えることができれば、BTC/USDのペアは8500ドルまで上昇する可能性が出てくる。 下落局面については、6341ドルから6435ドルのサポートゾーンを下抜けてしまえば、ビットコインの次のサポートゾーンは6075ドルから5900ドルのゾーンになってしまうだろう。さらにこのサポートゾーンを下抜ければ、ビットコインが急落し、ストップロスを発動することにもなるだろう。ロングポジションを取っているトレーダーは、5900ドルのストップロスを維持しておくべきだろう。 ETH/USD イーサリアムは200ドルから250ドルのレンジの中心にある。過去数日間、日中のレンジが縮小しており、売買の関心が失われていることを示すものだろう。 強気の最初のサインは、250ドルを上抜け、(UTCで)終値を付けた時だ。このような動きは、買い手を惹きつけ、ETH/USDのペアを322.57ドルのレベルに価格を押し上げる可能性が出てくる 下落面では、200ドル台を下抜けしてしまえば、9月12日の安値である167.32ドルまで下落し、下落トレンドが再開する可能性が出てくる。 現在のレベルでは信頼できる買い場は設定されていない。従ってトレードの提案は控える。 XRP/USD 過去2日間、リップルは0.50ドルから0.55ドルのレンジでトレードされていた。0.55ドルからの上昇は0.625ドルが直上のレジスタンスとなるだろう。このレベルを上抜けできれば、上昇トレンドが再開することになる。 0.50ドルを下抜けてしまえば、20日間EMAのサポートを試す展開となるだろう。このサポートを下抜けてしまえば、0.425ドルまで再び試す展開となるだろう。さらにこのレベルを下抜ければ、0.37512ドルまで下落する可能性が出てくる。 価格は2つの移動平均線を上回って推移している。依然に提案した XRP/USD のペアのロングポジションを維持することを勧めたい。 BCH/USD ビットコインキャッシュは過去2日間、20日間EMAを上待って推移したが、強気筋をそれ以上押し上げることができなかった。 600ドルからの上昇は新たな上昇トレンドの始まりを示すかもしれない。その一方で400ドルを下抜ければ、下降トレンドが再び始まることになる。 BCH/USDのペアが20日間EMAを上待っており、トレーダーは依然提案したロングポジションを維持するべきだ。 EOS/USD EOSは対象型トライアングルが形成されている。EOSは9月26日から5.30ドルと6ドルの間で大幅に停滞している。50日間SMAを下抜けようとする試みは、安値での買いを引き起こした。これはポジティブなサインだ。 対称型トライアングルを上抜ければ、その目標は8ドルだ。しかし、EOS/USDのペアは6.80ドルで強いレジスタンスに直面するだろうとみている。トレーダーは、4.9ドルをストップにしたロングポジションを保持できる。 トライアングルのトレンドラインを下抜けてしまえば、4.49ドルまで下落する可能性もある。 XLM/USD ステラは過去2日間、20日間EMAをキープしたが、0・24987525ドルを上回り、(UTCで)終値を付けることができなかった。 20日間EMAを下抜ければ、50日間SMAまでの下落する可能性が出てくる。そこを下回れば、0.21489857が重要なサポートとなる。 XLM/USDのペアは、下降トライアングルの下降トレンドラインを上抜けて(UTCで)終値を付けることができれば、強気に転じるだろう。強気筋が20日間EMAを守っているので、トレーダーは0.21ドルをストップとしたロングポジションを維持できるだろう。 LTC/USD ライトコインは現在、49.466ドルから69.279ドルのレンジの中心近くで取引されている。過去9日間、移動平均はフラットであり、相対力指数(RSI)は中心点に近い。 LTC/USDのペアは70ドルを上抜けて終値を付けることができれば、強気に転じる。逆に49ドルを下抜ければ、ネガティブな展開となるだろう。 レンジ内での取引は変動し、どちらのサイドにも動く可能性がある。短期のトレーダーはレンジの底で反発を期待して少量を買うかことができるが、長期のトレーダーは70ドルを上抜けるまで待つべきだ。 ADA/USD カルダノは10月2日に20日間EMAを下抜けたが、弱気筋はより下のサポートである0.071355ドルまで価格を押し下げることができなかった。移動平均線はフラットであり、RSIは50に近い。強気筋と弱気筋が均衡している状況を示している。 もしADA/USDペアが0.094256ドルを上抜ければ、強気筋が優位といことなる。逆に0.071355を下抜ければ、弱気筋が優位な展開となる。 この2つのレベルで、カルダノは今後数日間値動きする展開となる可能性がある。具体的な取引を提案する前に、買い場が整うを待ちたいと思う。 XMR/USD モネロは9月29日以来、115ドルに近い水準で取引されている。これは買い手と売り手とのバランスが拮抗している状況を示す。 2つの移動平均線はフラットであり、RSIは50の近くにある。現在の状況がさらに数日間続く可能性がある。 XMR/USDのペアは121ドルを超えれば、140ドルまで上昇する可能性がある。逆に107.80ドルを下回れば、103ドル、さらに96ドルまで下落する可能性が出てくる。100ドルのストップを設定したロングポジションを維持することができる。 IOTA/USD IOTAは0.6170ドルから0.5000ドル内のレンジに留まる状況が続いている。2つの移動平均線はフラットで、RSIも中心点に近い。レンジ内での動きがさらに続くことを示唆している。 IOTA/USDのペアがレンジを上抜けることができれば、買いを惹きつけるだろう。レンジを上抜ければ、最初のターゲットは0.8152ドルだ。逆に、もし弱気筋が今のレンジを下抜けさせれば、IOTAは0.4037ドルを再び試す展開になるだろう。 トレーダーはロングポジションを取る前に、価格が0.65ドルを超えるのを待つべきだろう。

Continue Reading